学科紹介

臨床検査科

幅広いフィールドでの活躍
次代の医療に貢献できる人材を育成

目指せる国家資格

臨床検査技師

病気の予防・早期発見の重要性は年々注目度が増し、健康診断や人間ドッグなど臨床検査技師のニーズは益々高まりを見せています。
基礎から専門的な知識・技術まで細やかに指導し、幅広い医療現場で貢献できる人材を育てます。

学びのポイント

少人数制で多数の実験と実習
3年次には4ヶ月の病院実習、学内実習は少人数制で細やかな指導を実施。

専門分野への進学をサポート
編入制度のある大学へ進学もでき、在学中にバイオ技術者、健康食品管理士の資格取得も可能です。

就職・卒業後のサポート
幅広いネットワークで求人も多く就職は安心。卒業後のフォローも万全です。

1年目. 基礎を学ぶ

座学
カリキュラム
基礎分野
  • 心理学
  • 医療倫理学
  • 社会学
  • 法学
  • 数学
  • 物理学
  • 生物学
  • 有機化学
  • 一般化学
  • 英語
  • ドイツ語
  • 健康管理学実習 など
専門基礎分野
  • 解剖学Ⅰ・II
  • 生理学
  • 生化学
  • 生化学 実習
  • 微生物学
  • 血液学
  • 免疫学
  • 公衆衛生学
  • 情報科学
  • 情報科学実習 など

2年目. 臨床検査の専門分野を学ぶ、学んだ基礎を深める

実習:生理機能検査学II実習
カリキュラム
専門基礎分野
  • 病理学
  • 公衆衛生学実習
  • 医用工学 など
専門分野
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論
  • 緊急検査学
  • 臨床基礎検査学実習
  • 病理検査学実習
  • 臨床化学実習
  • 血液検査学実習
  • 染色体検査学演習
  • 生理機能検査学実習
  • 微生物検査学実習
  • 免疫検査学実習 など

3年目. 臨床現場で学ぶ、国家試験対策

実習:血液検査学実習
カリキュラム
専門基礎分野
  • 薬理学
  • 医療福祉総論 など
専門分野
  • 臨地実習(病院実習)
  • 臨床検査特論
  • 臨床診断学
  • 細胞診
  • 自動分析学
  • 画像診断学
  • 医療情報処理
  • 検体処理技術 など

教員紹介

教務主任代行

教務主任代行

北條 達雄

担当

微生物学

体・手・色で覚える指導を徹底し、将来役立つテクニックを磨きます。

感染症に関わる微生物についての基礎を教えています。また、ウイルスの検出・取り扱いの知識や技術も指導しています。
目に見えないものについて学ぶ分野なので、まず微生物や感染についての構造をしっかり理解してもらうことからはじめます。そのために実験やビジュアルを活用した授業を行い、できる限り視覚にうったえる授業内容にしています。
微生物学の分野は手作業が大きな割合を占めるため、テクニックが非常に大切な要素となります。テクニックを持っているかどうかで、臨床検査技師としてのキャリアが大きく違ってくると言ってもいいくらいです。
ですので、昔から伝わる技術から最新の技術までマンツーマンに近いかたちで指導し、体がおぼえるまで何回も繰り返して練習するようにしています。
このように微生物学では「体で覚える・手で覚える・色で覚える指導」を徹底して、現場で活躍できる実践力を育てています。
臨床検査技師は、将来長くがんばれる仕事で、自分の努力がそのまま返ってくる仕事です。ぜひ本校でレベルの高い技術を習得してください。

臨床検査科の教員

名前

堀田 博恵

担当

臨床化学実習
臨床化学演習

アットホームな雰囲気の中で臨床検査技師として大切な応用力を育てています。

臨床検査で大きなウエイトを占める検体検査の基礎を、実験によって理解する臨床化学実習と演習を担当しています。
今では機械化されて機械の取り扱いさえ知っていれば作業自体はできますが、その機械の中でどのような化学反応が起こっているのかを学び、より理解を深めるようにしています。また、計測機器や試料を安全・スムーズに取り扱うための知識・方法も教えています。臨床検査は技術が重要なので、実践的なスキルを体で覚えることが大切です。そのために実習は少人数で行い、キメ細やかな指導ができるようになっています。また、それと平衡して国家試験に合格するための学習にも取り組んでいます。
私自身は、アットホームな雰囲気で、学生さん全員が積極的に学べる環境をつくるように心がけています。
自分から進んで学ぶ姿勢を身につけることが、即戦力と応用力のある臨床検査技師への成長につながるので、少しでも分からないことや知りたいことがあれば聞きにきてください。私たち教員が全力でサポートします。

臨床検査科の紹介